Craving Explorer 1.9.19 リリース|HLS形式の動画のダウンロードを改善

Craving Explorer

 Craving Explorer 1.9.19 をリリースしました。
主な更新は以下の通りです。

  • HTTP Live Streaming(HLS)形式の動画のダウンロードを改善しました
  • 動画の自動検出処理において、より正確に動画を検出できるよう改善しました
  • 「サイトURL」右クリック時、URLをコピーできるようになりました
  • 詳細ダウンロードビュー操作時、アプリケーションの動作が不安定になる可能性があった点を修正しました。
  • その他、細かい修正を行いました

※ 詳細な更新内容についてはこちらをご確認ください

■ HTTP Live Streaming(HLS)形式の動画のダウンロードを改善しました

VOD形式の配信の場合、完了サイズを適切に表示できるうようになりました。また、ダウンロード時、詳細ダウンロードビューの「保存種別」の表示を「通信中(ライブ)」とするよう変更しました。

■ 動画の自動検出処理において、より正確に動画を検出できるよう改善しました

一部動画ソースを選択できる動画サイトにおいて、選択中の動画が適切にダウンロードされるようになりました。また、一部の動画再生用のjsライブラリ(再生ボタンなどのコントロールを実装するタイプ)が使用されている場合、そこからダウンロード対象の動画を探すようになりました。
さらに、いくつかの動画サイトにおいて、動画の検出速度の向上や、動画のURLに拡張子がない場合、または偽装されていた場合(実体はmp4なのに、.jpgなどが付与されている場合)の動画検出の精度を向上させました

■「サイトURL」右クリック時、URLをコピーできるようになりました

右クリックメニューの最上段に「サイトURLをコピー」のメニュー項目が追加されました。

これからも Craving Explorer をよろしくお願いします。

YouTubeをはじめ各種動画サイトから簡単にダウンロード!

▲ PAGE TOP